yanh533

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://hiroshima.areablog.jp/yanh533

ロレックスの逸話に出てくる世界最速ドライバーの一人である

ロレックスの逸話に出てくる世界最速ドライバーの一人である、スピート王者マルコム・キャンベル卿について調べてみた。彼はどんな成績を残し、生涯どんな仕事を行っていたのだろうか。
マルコム・キャンベル(SirMalcolmCampbell)マルコム・キャンベル卿は、1885年3月11日生まれである。彼はイギリスのレーサー、モーター雑誌記者である。1920年代、1930年代に自動車やモーターボートの速度記録を樹立したことで知られる。
彼はケント州のチズルハースト(Chislehurst)にダイヤモンド販売者の息子に生まれた。ドイツでダイヤモンド売買を学んだが、オートバイや自動車レースに興味を持っていた。イギリスに戻った後、1906年から1908年の間にオートバイのレースで3回優勝した。1910年にレーシングカーの製作を始め、Haymarket劇場で見たモーリス・メーテルリンクの青い鳥の劇を見た後、ブルーバードと名づけられた。第一次世界大戦中は空軍などで働いた。
1924年にCarmarthenBay近くのPendineSandsで、350馬力V12サンビームを使って235.22km/hの速度記録を初めて樹立、その後1935年までの間に9回の速度記録を樹立した。うち3回はPendineSandsで、5回はデイトナビーチで、最後の記録樹立は1935年9月3日に、アメリカのユタ州のボンネビル・ソルトフラッツで行われた。
この頃、ロレックス時計は実際にオイスターが使われる場所で、その技術性能のテストや調整、展示などを行うことが最も適切だと考えた。スポーツや航空、モーターレース、探検などの分野は、時計における無数の技術特性を確認する実験室となった。1935年、ロレックスと世界最速ドライバーの一人であるマルコム・キャンベル卿が手を結び、共にスピードの限界に挑んだ。1935年9月4日、このスピード王者はロレックスの時計を着用してブルーバードのハンドルを握り、ユタ州のボンネビル・ソルトフラッツで時速300マイル(約485km)という地上最速の記録を樹立した。
「長らくロレックスの時計を愛用しているが、かなり過酷な環境でも完璧に動き続けている」―マルコム・キャンベル卿
これは、マルコム・キャンベル卿がロレックスへの手紙で、有名な逸話として今も語り続けられている。
マルコム卿は、1924年から1935年までに9回も世界新記録を更新し、そのうち5回はフロリダ州デイトナビーチで達成された。また1939年8月19日に水上速度記録、141.740mph(228.108km/h)を樹立した。1927年と1928年にはブガッティT39Aで、グランプリで2回優勝した。
速度記録に挑戦した人々の多くが事故で命を落としているのに対して、マルコム・キャンベル卿は63歳まで生きて心臓病で没した。





goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://hiroshima.areablog.jp/blog/1000257373/p11676007c.html
ロレックス | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

■同じテーマの最新記事
ロレックス創設者「ハンス・ウィルスドルフ」はどんな青年時代を過ごしたのでしょう
ロレックスとヴィンテージを再発明の芸術
ロレックスの時計は比較的高価なアイテムです
<<新しい記事へ     以前の記事へ>>
このブログトップページへ
ブログイメージ
yanh533

前年  2017年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2017年 次の年へ 前の月へ 11月 次の月へ
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
今日 合計
ビュー 6 234
コメント 0 0
お気に入り 0 0

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト

足あと

最新のコメント

おすすめリンク

キーワード