上善水如|広島の鍼老子の独り言

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://hiroshima.areablog.jp/imaoka-hari

逆子の灸

普段は針治療メインですので灸はやらない

のですが、逆子の治療に関しては「逆子の灸」というのが一般的に通っていて、私もこれに従って灸をします。昔は一般に「やいと」という名で、行われていましたが、今は「せんねん灸」ぐらいしか知らない方が多いと思うのでので正式な灸について少しお話します。灸につかわれる「もぐさ」は蓬を乾燥させてできたものです(左写真)。これを指でひねりだし、米粒の大きさにしツボにすえます。一つのツボに3・5・7と奇数回すえます(強くしたいときには回数は7回、軽くしたいときは3回)。火は線香でつけます。逆子の灸は「至陰」という足の小指の先のツボを使います(右写真)。すえた感覚はチクッとする感じで、反射的に汗がパッとでるのが良い反応です。逆子の治療は時期も大事で、あまり早い時期だと治してもまた逆さにもどったりします。だいたい33週くらいがタイミング的に良いようです。無事出産することを考えればメンテナンスを含め鍼灸マッサージをうけることは良いことです。もぐさ逆子の灸



はり 灸
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://hiroshima.areablog.jp/blog/1000109232/p11257634c.html
鍼灸 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

稲葉の白ウサギ

日本神話からみる医療の起源

「古事記」の”稲葉の白兎”のお話。---大国主神(オオクニヌシノミコト)ら一行が岬で、皮をむかれ泣いていた兎に出会った。八十神はおもしろがり「海の水を浴びて、風に当たれば治るよ。」とからかって行ってしまった。兎がその通りすると、痛くてたまらない。そこへ遅れてきた大国主神が通りかかり、訳を訪ねると、もともと隠岐島に棲んでいたが一度本土に渡ってみたいと思い、海のワニ(鮫)を騙して自分とどちらの仲間が多くいるか比べっこしようともちかけた。ワニ(鮫)は真に受け仲間を全部連れてきた。兎は岬まで並ばせ数を数えると言ってピョンピョン踏み跳んで岬に下りた。そして、「やーい、お前らは騙されたんだ!」と嘲笑った。するとワニ(鮫)が怒り躍りかかって皮をはがしてしまったという。大国主神は哀れに思い「すぐに河口に行って真水で体を洗い蒲の穂をしいて寝転がりなさい」と教えた。兎がその通りすると体が元に戻りになり兎は喜んだ日本医療の起源。<海の水で消毒し真水で洗い流す。蒲の穂は「蒲黄」という皮膚を治す生薬でこれら一連が治療になっている。>私としては、この後大国主神が「よしよし」とばかり弓を取り出し、脛に弓の刃先をトントンした・・・これが

鍼の起源

ですとなればなお面白いのに・・・と勝手な願望でした。     



東洋医学
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://hiroshima.areablog.jp/blog/1000109232/p11253590c.html
東洋思想・哲学 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

経絡と細胞分化

鍼灸マッサージ

において経絡という体のつながりを利用した遠隔治療を普通に行いますが、その科学的根拠を求める時、受精卵の内胚葉・外胚葉・中胚葉の細胞分化と由来臓器についてを思いだします。正確な内容はいいとして、つまり、人間の形になるまでの過程で機能が分かれていっただけで、元々は3つの同じ組織だったというところ。今やips幹細胞を使って角膜移植をしたって話も出てきて、3つに分けること自体がナンセンスな気もします。生命の発生から考えると、「○○が悪ければ○○だけ」といった物事を分けて考えてしまうことは視野が狭くなり治療の応用を利かなくしてしまうと思います。

細胞分化



はり マッサージ
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://hiroshima.areablog.jp/blog/1000109232/p11251620c.html
東洋思想・哲学 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

  1  |  2  |  3    次へ
  
このブログトップページへ
今岡賢哉イメージ
今岡賢哉
プロフィール公開中 プロフィール
医師も通う広島市南区翠町にあるマッサージ針治療の鍼灸院院長の独自な症例解説や日々の出来事・思う事を綴ったブログ
前年  2018年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2018年 次の年へ 前の月へ 7月 次の月へ
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
今日 合計
ビュー 7 10278
コメント 0 3
お気に入り 0 1

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト