上善水如|広島の鍼老子の独り言

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://hiroshima.areablog.jp/imaoka-hari

「針」と「鍼」




「針」と「鍼」

の違いについて。一般的に「針」といえば、縫い針(needle)のことをいいますが、はり治療用のはりは「鍼」と書きます。わざわざ違う漢字があるということはそれなりに理由がありまして、いちばんの違いは形状。その中でも気になるのは太さ。木綿針で0.84mm、絹針で0.56mm、普通地用の針で0.71mmだそうです。一方、

治療用に当院で使用している鍼

は0.14mm。太さでいうと普通地用と比べると約5倍違うことになります。断面積ともなるとπr2なので約25倍ということになります。縫い針を打ったら痛いでしょうね。(かくいう私も普段から自分の治療で自分に鍼を打ちますが、さすがに縫い針を試しに打ったことはありません。古代では標準サイズだったかもしれませんが・・・。)小さい頃に親から「足に針が裁(た)ったら危ないからきちんとかたずけろ」といわれていましたが、治療用の鍼ではというと足に

0022015_0205_123331-006裁ちようがありません。曲がってしまいます。

はりの専門学校

に入学したての頃を思い出しますが、そう簡単に鍼が体にはいってくれるものではないのです。

ちなみに、髪の毛は0.2mmで、

注射針

は細いもので27G(0.4mm)

だそうです。それでも「入るの想像すると恐い。」という声が聞こえてきそうですが、「このイヤなのと交換条件で治すのだから、がんばって下さい。」と励ます毎日なのであります。

治療のご予約はこちら




針治療
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://hiroshima.areablog.jp/blog/1000109232/p11210652c.html
よもやま話 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

■同じテーマの最新記事
自動車保険と鍼灸
ウォーキングの効果
マッサージ器
<<新しい記事へ     以前の記事へ>>
このブログトップページへ
今岡賢哉イメージ
今岡賢哉
プロフィール公開中 プロフィール
医師も通う広島市南区翠町にあるマッサージ針治療の鍼灸院院長の独自な症例解説や日々の出来事・思う事を綴ったブログ
前年  2018年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2018年 次の年へ 前の月へ 9月 次の月へ
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
今日 合計
ビュー 6 10299
コメント 0 3
お気に入り 0 1

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト