メガネ舎アンドジーのブロ具

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://hiroshima.areablog.jp/meganeyaandg

アンドジーはメガネと目を大切にします。




djual

先にお断りですが、老眼って言葉の響きがあんまりよくないので使いたい言葉ではないのですが
一番わかりやすいのであえて使うことにします。

なんとなくピントが合いにくい目が疲れる、目やにが多くなった、事務や読書・パソコン等を長時間したくなくなる、根気が続かない、遠くも見えにくい気がする、
など、ほとんどの方が40歳を過ぎてくるとこの問題にあたります。

初老といわれるこのころ、実際実感するのは45歳前後かと思いますが
働き盛りのこのころこの状態は正直な言葉でいえば『うっとおしい』感じがします。

先日のブログにも載せたように、このころは
近いところのものが完全に見えないわけではなく、すごく頑張ったり、ちょっと離せば
それなりに見える状態です。また明るさによっても見えたり、見にくかったりします。
だから余計『うっとしい』感じがするのです。

このころの方の老眼に対するイメージは自分自身の経験も含め
非常に嫌悪感に包まれています。
自分の感覚の中ではまだまだ若いと思っているのに
おそらく生きてきた中で初めて『老い』を感じる言葉とイメージだからでしょう。

ですから、できるだけこういったメガネには明るく楽しそうなフレームを
おすすめするようにしています。
前に私が作った言葉に『楽眼鏡』というのがあって
開き直って、どうせならおしゃれに楽しくシニアグラス生活!という感覚です。


老眼鏡の度数
遠方を見るのに必要な度数(近視の人なら近視の度数、遠視の人なら遠視の度数、
視力の良い人なら度数は0に近いもの、乱視含む)に
近いところを見るのに必要な凸レンズの度数(これが本当の老眼の度数=加入度数)
を足した度数となります。


よくお客様の口から出てくる言葉にメガネをかけると度が進んだとか
掛けないから進んだとかいうことがあります。

メガネ店的にいえばメガネをかけるかけないは、度の進行とは因果関係はないといえます。

ややこしく言えば老眼の進行は水晶体の硬化等ですので
ある程度の年齢までは老眼度数は進むのです。


ただ、よくメガネをおつくりさせていてあるのは
老眼鏡をかけたまま遠くもそのまま見ていることが日常化している方は遠くを見るのにその老眼の度数
そのものが必要になっている(強度の遠視)ことがあります。
ですから近くを見るために必要な度数は
遠視の度数(従来の老眼の度数)+近くを見るための度数(加入度数)
ですからものすごく強い度が必要となります。

だからメガネを掛ける・掛けないこととの老眼の度数の関係を正しく表現すると
「間違えた使い方をしたり、合ってない度のメガネをかけると度が進むこともある」
っていうことじゃないでしょうか。
まあ、当たり前といえば当たり前ですけど。

ちょっと長くなってしまいましたが、長いついでに

老眼鏡を作るときには必ず一番よく見える距離を設定しています。
一般的には30cm〜35cm程度に合わせることが多いのですが
これも実際にその方が一番よく使う距離に合わせてないとかえって
使いづらいものになります。

ごちゃごちゃ書いてしましましたが、
ちょっと老眼かな?、ちゃんと合ってるかな?って気になる方
一度ご来店いただければ無料でチェックします!!


メガネ 徳島 老眼 遠近両用
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://hiroshima.areablog.jp/blog/1000037404/p10499294c.html
老眼について | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

<<新しい記事へ
このブログトップページへ
メガネ舎アンドジーイメージ
メガネ舎アンドジー
プロフィール
メガネ舎アンドジーのブログ
前年  2018年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2018年 次の年へ 前の月へ 1月 次の月へ
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
今日 合計
ビュー 2 67891
コメント 0 5
お気に入り 0 2

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

足あと

[旭川] カームのささやき

おすすめリンク